残業、残業、今日も残業。…そんなの嘘だってわかってる。気付かない振りをして、ただただ毎日、波風を立てぬよう平穏にやり過ごす日々。…そんな夫にも相手にされない私を、好きって言ってくれたあの子。久しぶりに感じる体温、耳に触れる甘い囁き。「トイレ清掃行ってきます」そう言って目くばせする彼、私たちの秘密の合言葉。人目を盗んで求め合う、見境ない激しい肉欲。一度きりのはずが、気付けば戻れなくなっていた。
おすすめ関連不倫作品
WEB SERVICE BY FANZA